ディーメイクからのお知らせや技術情報などをお届けします

ディーメイクブログ

IT導入支援 ビジネスチャット

ビジネスチャットツールのセキュリティはどれくらい強固なのか

更新日:

ビジネスチャットツールには様々な利点がありますが、そのうちの1つが「セキュリティ」です。

これまで使っていた連絡手段は主にメールだと思いますが、常に情報漏洩やハッキングなどの危険が伴っていることをご存知でしょうか。

そのままだと、社内の大切な情報を漏洩してしまうかもしれません。

しかしビジネスチャットツールを使えば、そのようなセキュリティの問題は大きく改善できます。

今回ビジネスチャットツールのセキュリティについて詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスチャットツールのセキュリティはメールと何が違うのか

ビジネスチャットツールと比較されるのが「メール」です。

今でもよく使われている連絡手段ですが、メールのセキュリティには以下のような問題があります。

  • 誤送信による情報漏えい
  • マルウェアやフィッシングなどの対象になる
  • ウイルスが仕込まれていることに気づかない

セキュリティ対策を講じてもサイバー攻撃は進化を続けていますし、誤送信についても100%防ぐことはできません。

メールで万全なセキュリティを構築するのは難しいといえます。

一方、ビジネスチャットツールはどうでしょうか。

ツールによって違いがありますが、以下のようなセキュリティ機能が実装されています。

  • アクセス制限機能
  • ログの保存
  • 多要素認証機能 
  • 通信内容の暗号化

これらの機能で情報漏えいリスクを軽減するため、メールよりも安全性が高いといえます。

中でも効果的なのが「アクセス制限」でしょう。

管理者側で利用者を決めることができるため、部外者が使うことはできません。

メッセージの送受信ができるのも、管理者が定めた人たちだけになります。

なお、メッセージのやり取りはLINEのような「スレッド方式」で行います。

アクセス制限によって選ばれた人しかスレッドを見ることができないので、まったく関係のない人に誤送信することはほとんどありません。

Mattermost導入サービス

ビジネスチャットツールの主なセキュリティ機能

ここまでは「ビジネスチャットツールのセキュリティはメールと何が違うのか」を紹介しました。

ビジネスシーンでよく使われる連絡手段であるメールよりも、ビジネスチャットツールの方が強固なセキュリティを持つことを理解していただけたと思います。

次は先ほど軽くしか触れなかった「ビジネスチャットツールのセキュリティ機能」について、より具体的な内容を紹介していきます。

ツールによって変わりますが、ビジネスチャットツールには以下のようなセキュリティ機能があります。

  • アクセス制限機能
  • ログの保存
  • 多要素認証機能 
  • 通信内容の暗号化

ではそれぞれの機能について、詳しく解説していきましょう。

アクセス制限機能 

アクセス制限をすることにより、許可済みのIPアドレスだけシステムを利用することが可能になります。

この機能によって、自社に関係のある者しかメッセージを見ることができませんし、不正なアクセスも未然に防ぐことができます。

ログ保存機能

全ての操作ログを保存し、閲覧できる機能です。

不正アクセスでデータ漏洩したときの原因究明につかえます。事後の対応がスムーズになるでしょう。

また誤操作などの人的ミスも記録されるため、必要に応じて対策を講じることができます。

ログ保存機能の存在を周知させれば、人的ミスを未然に防ぐ抑止力にもなってくれるはずです。

多要素認証機能 

多要素認証機能とは、ツールを使うために必要な「利用者確認」を複数の要素で行うことです。通常の認証機能よりも格段にセキュリティが向上します。

多要素認証機能は、端末の紛失・盗難時などに最大の効果を発揮できます。

パスワード以外にも認証しなければならない要素があるので、拾った人がツールにアクセスしようとしても認証で弾かれてしまうでしょう。

つまり紛失による情報漏洩を、未然に防ぐことができるのです。

もちろん、悪意のあるハッキングに対しても、通常の認証機能より高いセキュリティを発揮してくれます。

通信内容の暗号化

メッセージやファイルの送受信などの通信内容を全て暗号化します。

暗号化すると仮に通信内容を傍受されたとしても、内容を解読する事は不可能です。

つまり仮にハッキングされたとしても、盗んで欲しくない情報については守ることができるのです。

まとめ

今回はビジネスチャットツールのセキュリティについて紹介してきました。

ビジネスチャットツールは様々な強みがありますが、そのうちの1つが「セキュリティ」です。

よく使われる連絡手段である「メール」に比べて、ビジネスチャットツールの方がセキュリティーは優れています。

何故かと言うと、以下のようなセキュリティ機能があるからです。

  • アクセス制限機能
  • ログの保存
  • 多要素認証機能 
  • 通信内容の暗号化

それぞれのビジネスチャットツールで搭載される機能は異なってきます。

もしセキュリティービジネスチャットツールを導入するのであれば、どんなセキュリティーを搭載しているのかチェックして選ぶことをオススメします。

Mattermost導入サービス

-IT導入支援, ビジネスチャット
-, ,

Copyright© ディーメイクブログ , 2020 All Rights Reserved.